原宿の貸店舗の退去時条件も要確認


原宿の貸店舗を契約する際には退去時条件も確認しておきましょう。

貸店舗の退去時条件は基本的に原状回復が必要ですが、オーナーの意向や次の入居者との兼ね合いによっては必ずしもそうとは限りません。なかには現状引渡しで退去できる貸店舗もありますので、このような物件なら退去時のコストを削減できます。

大半は原状回復が必要な貸店舗ですが、もし現状引渡しで退去できる物件があれば優先的に検討してみるのも良いでしょう。

また、スケルトン物件を選んだ場合は、退去時の原状回復が必須となります。
スケルトン物件は次の入居者もゼロの状態から自由に内装を組み上げられることが特徴なので、退去時は入居した時と同じに戻さなくてはなりません。したがってスケルトン物件を貸店舗に選んだ際には、退去時に掛かる費用も見越しておきましょう。

原宿の貸店舗は大きなメリットを持っていますが、退去時の条件は見落とさないようにチェックしておいてください。

This entry was posted in 原宿の貸店舗選びのポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found